おばさんは頑張った!!!

今朝いつものようにワンコ達の散歩に行こうと
エレベーターを降りで外に出た。

そこに女の子が立っていた。

アニメから抜け出したような可愛い女の子だった。
20代にはなってるのかな・・?

足元を見るとストッキングで素足。

?????

「どうしたの?」

思わず声をかけていた。

今にも泣きそうな顔でもじもじしながら
2階の自分の部屋に入ろうとしたら
ドアに大きなバッタがいて
怖くては入れないのだと言う。

ベランダから入ろうと思って靴を
投げ入れたそうだが登れなかったらしい。

スカートだしストッキング姿ではやめて良かったかな?120.png
と、心の中で思う。

1度ワンコを部屋に戻しホウキとちり取りと袋を持って
2階に行った。

実は・


実は・・

私も大の虫嫌い!

でも、あのまま女の子を残してはいけなかった。

女の子に案内されてドアを見ると

10cmはあるような細長いバッタみたいな虫だった。

「怖い・・・122.png

でも、ホウキで叩いた。

でも力が入らないのか何ともない。
2回目も震えながらたたいたら下に落ちた。

二人して「きゃ~~~っ!!!」

でも、でも・・・

ホウキで廊下の遠くまではき飛ばした。

ごめん。
これが精いっぱい145.png


そのすきに女の子はお礼を言いながら部屋に入れた。

良かった。

怖かった・・・

退治できない情けないおばさんだけど
頑張ったの。

足がガタガタしていた。

戻ってそのままもう1度散歩に行った。

歩きながら
思い出し笑い103.png

朝の6時にあんな騒ぎしてるなんてね。

でも、可愛い女の子だったらおじさんでも助けて
退治してくれたかな?

私みたいなおばさんが同じこと言っても
誰か助けてくれるかな???

なんて、思いながら歩いていた。

朝から頑張った私だった。
d0357027_07273397.jpg
ココ「おかあたん、大丈夫?」

d0357027_07274070.jpg
クー「ふぅ~~、やれやれ・・・」

☆sora☆




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by sorairo-1224 | 2017-08-19 07:31 | 暮らし | Comments(0)

ガーデニング・ハンドメイドなどをしながらのんびりとワンコと一緒に暮らしています。


by sora